借り換え・おまとめローンってどんなもの?

借金完済の強い味方!借り換えとおまとめローン

借金の返済で悩んでいる人の、完済への大きな手助けとなる方法に、借り換えとおまとめローンがあります。

 

借り換えとは、今ある借金をさらに金利の低いところで借り直すことです。
金利が低くなることで、当然利息が少なくなりますので、月々の支払いや総支払額も低くなるという訳です。
おまとめローンも基本は金利の低いところで借り直すことです。
複数の借り入れ先をひとつにまとめることで、返済がグッと楽になる借り方です。

 

借り換え・おまとめ用のローンについて

借り換えやおまとめをする際に最も大切なのが金利です。
消費者金融などの借金を返済している人は年率18%程度の金利が適用されている場合が多いでしょう。
以前のような20%以上もの金利を取るところは少なくなったとはいえ、やはり消費者金融系の金利は高めです。

 

そこで注目したいのが銀行系のローンです。
以前は銀行系のローンといえば、住宅ローンや車のローンといったものがほとんどでした。
しかし最近個人向けの借り換え・おまとめ用のローン商品が増えてきているのです。
銀行系ローンの最大のメリットは金利の低さです。
10%を切る金利のものも多いので、借り換えやおまとめには最適なのです。

 

借り換え・おまとめローンはこんな人におすすめ

・複数の借り入れ先がある人
少額の借金でも複数の借り入れ先から借りていれば、当然返済も毎月複数になってしまっていますよね。
それぞれの返済は少なくても合わせると負担となってしまいます。
そんな人でも借り入れ先を一本にまとめることによって、月々の返済の負担を減らすことが可能なのです。

 

・大口の借り入れがある人
借り入れの件数は少なくても、大口の借り入れがある人にも借り換えは検討の価値があります。
より金利の低いローンに借り換えるだけでも、月々の返済額・総返済額を減らすことが目指せます。
借金の返済のために新たな借金をするよりは、金利の見直しを検討するのが賢い借金の返し方になります。

 

借り換え・おまとめローンが向かない人は?

・現在の借り入れの中に低金利の商品がある場合
複数の借金があって、その中に金利の低いローンがある場合、そこで限度額を増額してもらい借金をまとめる方法が有効的です。
もちろん増額の審査などはあるでしょうが、担当などに他の借金をまとめたいという意志を伝えて相談してみるのも良いでしょう。

 

・完済する意志のない人・弱い人
借り換えやおまとめは、借金先を変更しただけに過ぎません。
まれに借金が一本にまとまったことで借金が無くなったかのように感じてしまう人がいます。
一度まとめた借金は、それを返済するまでは新たな借り入れをしないという強い意志が必要です。
ありがちなのが、借り換えによって完済したカードで新たに少額の借金を始めてしまうケースです。
これは非常に危険です。
以前よりも借金の額が増えますし、当然返済は困難になっていきます。